2020年6月 医療法人 邦史会 うるしばらクリニック院長 漆原 邦之が、足利市医師会の会長に選出されました。
新型コロナを始めとし、心穏やかでない毎日が続いており、また医療を取り巻く社会的環境も厳しくなっております。足利市医師会は常に患者様のために医療に徹し、結束して地域医療の充実に向けて努力してまいる所存です。

シミ・肝斑・そばかす

シミの成り立ちは人それぞれです。一般的に一種類のシミだけというケースはとてもまれです。
肝斑に加えてそばかすがあったり、日光によるしみと老化にによるくすみが重なっていたり、シミに見える茶あざや色のついたイボ、先天性の太田母斑が重複して存在したり、組み合わせは医学的に∞無限大と言って良いと思います。
あなたのシミの色調を鏡で確認してみて下さい。

シミの色は、メラニン色素の存在する深さと量によって違います。各々、治療に使用するレーザーも異なります。
シミによっては、3種類以上のレーザーを使用するケースもあります。シミでお悩みの方は、お気軽にお問合せ下さい。

医師の診断を受ける前に、専門の看護師による問診があります。

Toning(トーニング)による新しい肝斑治療

両ほほに沿って左右対称にシミが!
妊娠初期からシミが出てきた!

お肌のそのシミ、もしかして肝斑の可能性大です。肝斑はシミの一種ですが他のシミと違い、長期の治療が必要でした。紫外線・女性ホルモンと関係が深く30~40代の女性に多く発症が見られています。肝斑と自覚している人は少なく、多くの女性の肌を悩ませてきました。

レーザー治療では難しかった肝斑治療に
画期的な効果をもたらす新しいレーザー治療です。

Toning(トーニング)は、表皮の下部組織メラノサイト(メラニンを生産する所)を刺激しにくい1064nmレーザーを低出力で施術する事でメラノサイトを活性化させず(メラニンが発生しない)おだやかに働きかけるため安全に肝斑を薄くしていきます。

肝斑の特徴例

肝斑の特徴例

肝斑への効果

肝斑への効果

Toning(トーニング)の治療はとってもスムーズ

  1. ドクターと症状についてのカウンセリングをじっくり行います。
  2. 麻酔は必要なく、お化粧を落とすだけで準備完了です。
  3. 眼を保護するためのゴーグルをします。
  4. 肌の状態に合わせて照射をします。
  5. 洗顔後すぐにメイクをして帰宅できます。

よくある質問

Q1.治療は痛くありませんか?
軽い痛み程度なので麻酔も必要なく安全に治療ができます。
痛みの弱い方は、ご相談ください。

Q2.治療回数はどれくらいですか?
肝斑:1~2週間隔で4~5回
シミ:3~4週間隔で1~2回
※効果には個人差があります。

Q3.治療後に気をつけることは?
治療直後からほぼ通常通りの生活ができます。照射直後、治療部位が少しヒリヒリしたり、赤くなることがありますが、冷やすと落ち着きます。
また、シミは紫外線を浴びると再発しやすくなりますので、外出時や窓際にいるときには日焼け止めを塗ることをお勧めします。こするなど肌に刺激を与えないようにして下さい。

治療方法

※名称をクリックするとそれぞれの治療紹介ページがご覧いただけます。
●ライムライト
●アキュティップ
●Qスイッチレーザー
●トーニング

「マスク着用」=【しみ】治療に絶好のタイミングです!!

本格的なしみ治療【3ヶ月複合しみ特別プログラム】

夏の間の紫外線のダメージは、これからの季節にはっきりとしたしみとして目立ってきます。
しみとの戦いは、医学的には最低3ヶ月必要とされています。
この機会にぜひ、うるしばらクリニックしみ治療プログラムを御体験下さい。

しみでお悩みの方はレーザー治療ABコースをお試しください

他院で薄くならなかった方もぜひご相談ください

<診察を受けた上でABコースが決定されます。>

Aコース:肝斑中心の複合しみ →平常時3ヶ月間施術 ¥156,000円

Bコース:日光、加齢による一般しみ・そばかすの混在した複合しみ
→平常時3ヶ月間施術 ¥158,000円

※各種クレジットカードがご利用頂けます。

注目
 ▼
10・11・12月申し込みの方
高濃度ビタミンC点滴(コース外)×1回分 プレゼント
(当院平常時1回¥10.000)
 当院で最もリピーターの多い点滴です。
部分的痩身 腹部ヴァンキッシュ×1回分 プレゼント
(当院平常時1回¥50.000)
 このチャンスにぜひお試し下さい。

レーザー治療症例

レーザー治療症例

・現在本邦で使用されている、しみのための5種類のレーザー機種のすべてと、ケミカルピーリングビタミンC大量点滴法の他、内服薬外用薬などをはじめとするたくさんのノウハウがうるしばらクリニックにはあります。

・複合しみ特別プログラムは、当院が医学的な理論経験に基づいて総力をあげて作成した、しみに悩まれているすべての方達へのエールです。(他院では決して真似のできない当院オリジナルのプログラムです。)
最も効率的で最高の方法をこの機会にぜひお試し下さい。

化粧品エステビタミン剤などには限界の時が必ず来ます。
肝斑・しみ・くすみが手遅れになってしまう前に特別プログラムで手を打ちましょう。

※このプログラムで使用する新しいレーザーは、古いタイプのヤグレーザーと違い、ひどいかさぶたになったり痛みが残ることはありません。
紫外線と強い摩擦に気を付ければ日常生活やお化粧なども普通にできます。

<院長より一言>
体質的に施術の効果のあまり出にくい方、重度もしくは手遅れに近いしみの方は、さらにプログラム以外の別機種でのレーザー治療が追加で必要となることがあります。(個別に御相談のこと)その場合でも、3ヶ月にわたるこのステップを確実にこなしていくことが基本となります。しみ、そばかす、肝斑は間違いなく薄くなることはお約束できますが、完全に消してしまうことを保証するものではありません。

<神谷チーフナース:ミスユニバース栃木代表・優勝者のレーザー担当より一言>
都内でこのようなコースプログラムを受ける場合、最低でも30万円以上となります。
うるしばらクリニックではしみ、そばかす、肝斑、くすみなどでお悩みの多くの患者様にぜひレーザー治療を体験していただき、美しい笑顔が見たいという想いから、年に1度だけこのようなプログラムを企画しています。
美容治療は決して安価なものではありません。この機会にあなたも是非お試しください。

First Stage(1~4週)A・Bコース共通

シミ・肝斑・そばかす

Second Stage(5~8週)

シミ・肝斑・そばかす

Third Stage(9~12週)

シミ・肝斑・そばかす

本格的なしみ治療【3ヶ月複合しみ特別プログラム】アフターメンテナンス


3ヶ月複合しみ特別プログラム 
ABコース終了後の患者様限定

アフターメンテナンスついて

大変御好評をいただいておりますABコース(※)も、定期的に2度、3度と繰り返しお申込みいただく方が増えております。

Aコース:肝斑中心の複合しみ
 Bコース:日光、加齢による一般しみ・そばかすの・混在した複合しみ

コースプログラムによってかなり状態のよくなられた患者様も、そのまま何の手も加えることなく紫外線を浴びたり無造作な毎日を過ごされますとよい肌の状態を保つことは難しくなると思われます。

3ヶ月近くに及ぶ努力を無駄にしないように、医学的な観点からアフターメンテナンスでお悩みの患者様に向けて、最も有効でコンパクトな組み合わせを慎重に熟考の上作成致しましたので、御紹介致します。(※レーザー初心者の方は不可)

シミ・肝斑・そばかす

皮膚科医師 漆原 志おり
美容皮膚科担当医師 伊藤 久子

1日のうちに以下の全てを施術致します。

コース後の経過を拝見したうえで、使用する薬品濃度とレーザー出力を個別に調整します。

土曜 午後3:00~ 限定 1回/1ヶ月
※予約が混み合うことが予想されますのでお早めにお申し込み下さい。

シミ・肝斑・そばかす

▸イオントフォレーシス

医療用高純度品(同時導入)

  • ビタミンC
  • プラセンタ
  • ヒアルロン酸
  • ハイドロキノン

※微弱電流により表皮のバリア機能を一時的に緩め、皮膚内部にメラニン機能に対抗する各種成分とアンチエイジング成分を浸透させます。

Ⅰa、Ⅰb、Ⅱa、Ⅱb }通常価格より20%~25%OFFとなります。

*詳しくはレーザー担当ナース(神谷)まで

円形のしみには、Qスイッチ・レーザーが効果的です

特に目立つ円形のしみにはQスイッチ・レーザーがとても効果があります。

日光や加齢による単独のまるいしみに限り一般的には1~2回で薄くなります。

(※重症例、体質によってはこの限りではありません)

男女問わずどうぞお試し下さい。

お問合せ・お申し込みは TEL:0284-73-1212までお電話ください。

しみにおけるレーザー効果を最大限にするためには

複合しみ・くすみ・そばかす・肝斑などでレーザーを予定・予約されている患者様へ
Q. レーザー効果を最大限にするためには…

A1. レーザー用ケミカルピーリングをレーザー施術前にぜひお試し下さい。

古くなった角質のメラニン細胞の新陳代謝を促すサリチル酸マクロゴールをレーザー用に濃度調整し、
レーザー前処置をあらかじめ致しますと、しみの消え方は圧倒的に違ってきます。

くすみやごく薄く目立たないしみは、この施術の段階でかなり改善される方が数多くいらっしゃいます。

普通肌の方は、レーザー予定の約1~2週間前までに
敏感・デリケート・色白の方は、レーザー予定の約2~3週間前までに
ケミカル・ピーリング(レーザー前処置用)を行うことが理想的とされています。


A2. レーザー専用の日焼け止め、美容液の併用が重要です。

レーザー専用日焼け止め Obagi社 サンスクリーン プラスプライマーSPF30

4%ハイドロキノン配合美容液 ROHTO社 DRX HQブライトニング 3ml・12ml
HQ ダブルブライトE 6g

Obagi
サンスクリーンプラスプライマー

ROHTO
DRX HQダブルブライトE

ROHTO
DRX HQブライトニング

お問合せ・お申し込みは TEL:0284-73-1212までお電話ください。