2020年6月 医療法人 邦史会 うるしばらクリニック院長 漆原 邦之が、足利市医師会の会長に選出されました。
新型コロナを始めとし、心穏やかでない毎日が続いており、また医療を取り巻く社会的環境も厳しくなっております。足利市医師会は常に患者様のために医療に徹し、結束して地域医療の充実に向けて努力してまいる所存です。

プラセンタ注射

プラセンタ注射とは、胎盤より抽出された有効成分を注射していろいろな疾患の治療に使う治療法です。
更年期障害の諸症状を改善し、肝機能障害の改善に優れた効果を発揮しますが、医薬品としての古 い歴史の中で、副作用が全くないことで知られています。いろいろな疾患にゆっくりではありますが、確実な効果を現すため最近再び注目をあびています。
効果はマイルドですが、数回の注射を繰り返すうちに確実に効果が現れてきます。特に疲れがとれる、よく眠れるようになる、肌がしっとりする、体調が良くなる等の効果は、2~3回の注射で効果が現れている人がほとんどです。

< 効果 >

美白  シミの元であるメラニン色素の生成を抑えると共に、シミ・くすみを取ります
保湿  高い保湿力で、長時間しっとりとした肌をキープします。
細胞の増殖再生  新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常化し、健康な肌をつくります
コラーゲンの生成  肌の弾力を決めるコラーゲン生成をサポートします
血行促進  血流を促し、健康で美しい肌をつくります
抗酸化作用  老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます
抗炎症作用  ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます
抗アレルギー作用  免疫システムを調整・回復し、アレルギー反応を抑制します
免疫賦活作用  免疫力を高め、強く健康な肌をつくります
アミノ酸補給  皮膚細胞のエネルギー代謝を高めたり、細胞再生の材料を補給します

そのプラセンタは動物由来ではありませんか?

現在国内で「プラセンタ」もしくは「プラセンタ含有サプリ」として病院以外で販売されているものは、すべてウシ・ウマの胎盤(東南アジアでは犬の胎盤を含む)から作られたものです。
種の異なる哺乳類の胎盤が人間にどのくらい効果があるのかを 研究している学者によると、あくまで食品として牛乳1/2杯を飲む程度の効果とのことです。(栄養補給程度)
アンチエイジング健康に関して望む効果を手に入れることは、動物のプラセンタからでは難しいと思われます。
人間にはやはり人間の胎盤以外、効果がないのが現実です。

ヒト胎盤製剤の安全性の高い内服薬は現在のところすべて海外から輸入されており、厳しい認可制度のもとに医療機関以外の業者の輸入・取扱いは法律で禁止されています。
今回うるしばらクリニックから、はじめて内服できるヒトプラセンタを御紹介できることになりました。
原材料(安全性の最も高いヒト胎盤)は世界的にも減少傾向にあるため、輸入できる数に制限があります。
1日2錠程度の内服錠剤は、プラセンタの注射約1回分に相当すると言われております。(全員に効果のある注射という確実な方法に比べて、プラセンタの内服薬は胃腸で吸収されるため個人差が多少生じると思われます。
ただし、注射と違い、献血などの制限はありません。)
定期的に注射をなさっている方がさらに内服されても過剰になることはありません。
より美しく、より若く、より健康へと身をもって実感されることと思われます。

毎日内服されなくても、とても疲れた時などに1日だけの単発内服でも効果があります!!
入荷数に限りがあるため、確実に入手されたい方はご予約も承ります。
スタッフまでお声掛け下さい。

お問合せ・お申し込みは TEL:0284-73-1212までお電話ください。